メニュー

抜歯後の注意事項について

抜歯後の注意事項

麻酔は抜歯後1~2時間で切れてきます。麻酔が効いているうちに予め頓服薬を飲んでおくことで、痛みは和らげることができます。その他、抗菌薬、鎮痛薬は指示通りの服用をお願いいたします。

抜歯後出血について

抜歯の当日もしくは翌日は出血の可能性があります。血圧が上がったり、何度もうがいを繰り返すことで血餅と呼ばれる血の塊がうまくできなかったりすることが原因です。普段服用している降圧薬などがあればしっかり服用してください。また、痛みを我慢すると血圧が上がり出血の原因となりますので、鎮痛薬はしっかり服用してください。抜歯したところにガーゼもしくはティッシュを丸めて30分くらいぐっと噛んでください。これを2,3回繰り返すと止まります。もちろん喫煙やアルコールは避けてください。それでも止まらないときはご連絡ください。

抜歯後の痛みについて

歯の埋まり方や処置の仕方、個人によっても、抜歯後の痛みに差がありますが、一般的には上顎の親知らずを抜歯した後は当日もしくは翌日に痛みがなくなるのがほとんどです。下顎の親知らずも骨を削らずに抜いた歯に関しては同程度の痛みです。下顎の親知らずで骨を削って歯を分割して抜歯した時は、抜歯した当日よりも翌日もしくは翌々日に痛みのピークが来ます。その後、一週間程度で徐々に痛みは改善してきます。処方薬がなくなったときは市販の鎮痛薬を用法通り服用していただいてもかまいません。

抜歯後の腫れについて

抜歯後の腫れは痛みと比例することが多いですが、若いほど血流が豊富なのでよく腫れる傾向があります。上顎の親知らず、下顎でも骨を削らずに抜歯した親知らずではほとんど腫れることはありません。骨を削って歯を分割して抜歯した親知らずの抜歯後は2,3日をピークに1週間くらい腫脹が続きます。抜歯の当日、抜歯したところを氷やアイスノンなどで圧迫して冷やしておくと翌日以降の腫脹は軽減されます。ただし、抜歯の翌日以降に冷やしすぎると血流が悪くなって治りが悪くなることがありますので、冷やすのは当日のみにしてください。

抜歯後の消毒について

通常、翌日もしくは翌々日に来院していただき消毒をお願いしています。その際、痛みが激しいときは追加で処方することも可能です。ただし、遠方から来院される場合は必ずしも消毒に来院していただく必要はありませんので、おっしゃってください。

抜糸について

歯茎を切って抜歯した場合や血液をサラサラにする薬を服用している場合には糸で縫合します。縫合した糸は処置後1~2週後に抜糸を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME