メニュー

歯周病(歯槽膿漏)の治療・予防

最近ではテレビのCMなどでも耳にする機会があり、言葉自体はご存知の方が多いのではないでしょうか?どういった病気かいまいちピンとこないかもしれませんが、実に怖い病気であると思います。歯周病とは、細菌によって歯を支える歯槽骨が溶かされる病気で、最終的には歯が抜け落ちる病気です。歯周病が怖いと感じるのは、痛みなどの自覚症状が無く進む事が多い点です。その為、今まで虫歯になった事もなく、ほとんど歯医者にかかったことがない方が気がつけばかなり歯周病が進行しており、治療が困難な状態になっていることがあったりします。また、歯科では妊娠性歯肉炎という言葉があるくらい、ホルモンのバランスの関係で妊娠中や出産後に歯周病の症状が進行される方もおられます。こういったことはなかなか患者さん自身で発見が難しいため、ご自身で気になることがなかったとしても、定期的な検診を受けられることをおすすめします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME